テレワークを導入すれば災害時の事業継続も安心です

テレワークとは、情報通信技術を利用して、時間や場所にとらわれずに柔軟に仕事をする、という働き方を指します。政府や企業が積極的に導入している働き方といえるのがテレワークです。テレワークを会社で導入し広く認知されるようになると、週に何回かテレワークを絡ませたりと、従業員一人ひとりの生活に合った働き方ができます。テレワークやリモートワークは時間を自由に使えることで、家事や子供の病気など突発的なことにも対応できるようになります。テレワークを導入した働き方は、会議などの必要な時だけ出社すればいいので、とても自由度が高い働き方です。会社にとっても優秀な人材を手放さなくてもすむ、お互いにとってwin-winの働き方といえるでしょう。妊娠中、育児中、親の介護で家を空けられない、体に障害がある方など、毎日会社へ通勤するのが困難な人にとって続けやすい働き方です。経営幹部の方はテレワークに向いているかもしれません。経営幹部の仕事は自分の部署などのかじ取りのため、方針を部下に伝え、動かすことが仕事になります。これらの仕事はテレワークで十分できることなのです。テレワークを導入することで家族と一緒に過ごす時間を増やしたり、自分の成長のために時間を有効活用したりすることができます。テレワークやリモートワークが普及してきたことにより、働く人がさらに多様な選択肢から働き方を選ぶことが可能になってきました。テレワークやリモートワークなら「通勤」で時間や体力の浪費を抑えることができます。会社側のメリットは、従業員の生活バランスの安定が可能となり、健康面や精神面での安定が図れます。一昔前までは、育児や介護などで会社に出勤することができない人は仕事を辞めざるをえないという状況が多く見られていました。通勤に使用する交通機関の利用が減ることにより、二酸化酸素削減など環境問題の緩和にも繋がることが期待されております。営業職などの外勤型の人はお客様を訪問することが多く、会社へ顔を出さずに直行直帰をすることで時間が節約でき、業務の効率が上がると考えられています。満員の通勤電車で会社にたどり着くだけで疲れるようなことはなくなり、睡眠時間の確保にも繋がります。テレワークは、仕事と生活のバランスを図るワーク・ライフ・バランスの向上を目的としています。テレワークで難しいのは人事評価となります。ですが営業部の場合は営業成績などがあるため分かりやすく、テレワークに向いていると言えます。

関連記事